非常用キット

SAS Ration/Escape Pouchにいろいろと詰めてみた。
f0098756_17412052.jpg

けっこう入れたつもりだが、ポーチにはまだ若干の余裕が有る。
このポーチをベルトに吊るのなら、水筒とナイフも一緒に吊りたい。
これからの季節、帽子と手袋も予備が有った方が良い(ポーチの隙間に詰める)。

f0098756_17463448.jpg

右端の、帽子、手袋、水筒、ナイフ以外はポーチに入っていたもの。

f0098756_17484411.jpg

FAK。
Quick Clotの他は全てAloksakに入れる。
ガーゼや包帯、モールスキン、テーピングテープ、バンドエイド、消毒薬、痛み止め、かゆみ止め、ピンセット等々。

f0098756_17522883.jpg

Arcのフラッシュライトと予備電池(リチウム)、ダイニーマの細引き、鏡と笛、アーミーナイフ、ダクトテープ、百円ライター、防水防風マッチ、スパークライト。

f0098756_17555345.jpg

AMKのヒートシートと1ドルポンチョ、BCB Emergency Ration Pack
Emergency Ration Pack の内容物は以下。
* plain mint cake 85 g(ケンダル ミントケーキ)
* oxo cube(ブイヨンキューブ)
* chocolate bar(チョコレートバー)
* 2 x coffee sachets(インスタントコーヒー)
* 2 x milk sachets(粉ミルク)
* 2 x sugar sachets(砂糖)
* solid fuel tablets 40 g(固形燃料)
* book of matches(ブックマッチ)
* foil tray(アルミフォイル製容器)
* poly bag(ビニール袋)
* water purifying(浄水剤)
* whistle(笛)
* pencil(鉛筆)
* survival instuctions(説明書)
* wire(罠用針金)
* 6 x boiled sweets(飴 麦芽糖らしい)
* button compass(ボタンコンパス)
総カロリーは810、重量285g。

f0098756_1861019.jpg

UNDERARMORのライナーグローブ、掌にはドット(ロゴの形)状の滑り止め、親指と人差し指の甲はフリースで鼻水を拭ける。
ICE BREAKERのニットキャップ、薄手のメリノウール二重でリバーシブル。

f0098756_1863497.jpg

スイス軍の水筒とカップ、カップの容量は400ccくらい。
Winstonのカスタムナイフ、ブレードはD2、ハンドルはアフリカンエボニー。


思いついたものを適当に入れてみたが、意外とポーチの容量が大きく殆ど入ってしまった。
針と糸やポケットラジオ、バンダナか手拭或いは三角巾なども入れたい。
山を歩くなら、バックパックにもFAKは入れるので、このポーチにはもっと簡略な物で良いだろう。
ライトは使っていないものを入れたが、光量調節やストロボ機能がある単4一本のモデルにすれば、だいぶ小さく軽くなる。
パラコードは嵩張るためダイニーマのラインにしたが、パラコードはばらして使える利点が有るので迷うところだ。
着火具は画像にある以外に、Ration packにもマッチブックが入っている。
同じく入っている固形燃料は着火材としても使える。
ヒートシートやポンチョをタープとして使う場合は、ダクトテープでループを作りラインを固定する。


Emergency Ration Packのみでも、非常用としては充分では有る。
アルミのトレーと固形燃料で湯を沸かし、温かいコーヒーやスープも作れるし、コンパスや針金も入っている。
袋の空気が抜かれておらずその分嵩張る。
袋にはジップロック状のファスナーがあり再度の密封が可能なので、一旦開封し空気を抜いてしまっても良いだろう。


とりあえず入用になりそうな物を詰めてみたが、それぞれを見直しスリム化が必要。
空いたスペースには食品(α化米やカーボショッツ等)をもう少しか、季節、地域にあわせた物を適宜詰める予定。
[PR]
by rwalker | 2009-10-08 18:35 | 雑貨
<< 久々に歩く Victorinox Lumb... >>