爆弾を作る(鍋料理)



爆弾、といっても爆発はしません。山屋(登山家)の間で昔からポピュラーな鍋料理です。

毎日、鍋物ばかりですが。



材料は、

煮干、味噌汁よりも大目。

唐辛子、煮干と同量。

豚肉、バラでもコマでも、薄切りなら可。

キャベツ



醤油



以上です、あまり具が多いと、味がごちゃごちゃになります。他に入れるなら、せいぜい大根と豆腐くらいにした方が良いです。



作り方は、鍋に湯を沸かし、煮干と刻んだ唐辛子を入れます。

十分ほどで汁が真っ赤になるので、煮干と唐辛子をザルですくいます。



そこに肉、キャベツを放り込み、酒と醤油で味を調えます。

煮えるまでは、さっき取り出した唐辛子まみれの煮干に醤油をかけて、一杯やりながら待ちましょう。

キャベツは手でちぎりながらでOK.



薄味にしてポン酢で食べるのも良し。



とにかく辛いので、顔中が汗と涙と鼻水でドロドロになります。

ティッシュなど、拭くものを用意したほうがいいです。



注意:唐辛子を入れすぎると、罰ゲームになってしまうので、最初は少なめにすること。





残った汁はうどんを入れたり、おじやにしたり。ご飯にかけてゴマを散らして、茶漬け風にするのも良し。

f0098756_127295.jpg

[PR]
by rwalker | 2006-03-23 01:27 |
<< 斧のことなど ビーフジャーキーの作り方 >>