Ontario RAT3

f0098756_17553191.jpg


ランドールアドベンチャートレーニングがデザイン。製作、販売はオンタリオ。
Ontario ‘RAT 3 - D2’

Overall length :199 mm

Blade Length : 95.25 mm

Handle Material : Green Linen Micarta

Blade Material : D2 Tool Steel

Sheath : Kydex + Boot Clip

f0098756_1804848.jpg


ブレードは厚さ3mm程度なので、幅に比べてかなり薄く感じる。
したがってベベル角も小さく、ゴツイペティナイフのような感じである。

ハンドルも薄く、全体的にフラットな形状。付属のブーツクリップでインサイドパンツで携帯しても、ストレスは感じない。
TEKLOKも付属しているが、厚みが倍近くなるので使用したくない。ベルトに固定するなら、何か別の方法を考える事とする。

グリップはサイズに比べても小さめ、掌の幅程度しかない。
f0098756_1891838.jpg

しかし、このようにグリップエンドを掌低にあてて握ると力を入れやすい。
チョッピングも可能。
f0098756_18114322.jpg


細かい作業の時は、チョイルに人差し指をかけると操作しやすい。
f0098756_18132395.jpg

エッジの角を丸めた方が良さそうである。

リバースグリップ、エッジイン。
f0098756_18152356.jpg


リバースグリップ、エッジアウト。
f0098756_18162237.jpg


逆手に持った場合は、刃を外側に向けたほうが持ちやすい。
このサイズのナイフでの格闘だと、逆手に持ったほうが有効だと思われる。
刃は内側にしたほうが、フックで相手の体をコントロールしながら切る事ができる。
肘を支点にした突き下ろしでも、刃が内側のほうが力が逃げにくい。同じ事は、横や突き上げにも言える。
順手でのグリップが良いだけに、この点は惜しまれる。



まだ、木の枝を切った程度ではあるが、このサイズのナイフではトップクラスの機能である。
薄く作られたブレードは食い込みが良く、良く切れる。
スライスも良さそうだ。
D2鋼は刃持ちが良いので、長時間の作業でも砥ぐ回数は少なくて良いだろう。
セミステンレスであるが、カッティングエッジを除き、コーティングされているので錆の心配も少ない。
ハンドルは小さいが、充分なグリップが出来るし、エンドに紐を通せば問題無い。
薄く作ってあるので、携帯性に優れ、軽い。

欠点は、地味なデザイン、コーティングの色が好みではない、クリップが弱く金属製だと良かった。
などであるが、機能面の欠陥は殆ど無い。

手に入れて良かったと思えるナイフだ。
[PR]
by rwalker | 2006-03-25 18:29 | ナイフ
<< レインウェア Lighter with LE... >>