非常食?保存食?

災害時の非常食ですが、まず第一撃を生き延びるのが重要です。
非常食は、「死んでいなければ役に立つ」ので。

地震などでも、咄嗟に脱出する際に携行できるのは、軽量コンパクトで、すぐ手に取れる所ある必要があります。
一週間分の水、食料、装備を、「咄嗟に」引っ掴んで、迅速に行動するのは難しいと思われるので、デイパック程度に、一日分の水と食料、備品を納めて、壁に吊るしておいた方が良いと思います。

それ以外には、普段から乾物、缶詰を使うようにして、ある程度のストックを確保。古い順に料理に使用して、買い足して行くのが良いと思われます。

中には、日常で使用しにくいもの(アルファ米など)もありますが、そういったものはキャンプ、登山で使用していくのが良いでしょう。
キャンプなどしない方は、普段使えない保存食を備蓄する必要は無いと思われます。
その辺のスーパーで買えるものでも、保存食は充分なので。

実際には
無洗米
レトルトのご飯、お粥
小麦粉
缶詰(ツナ、サバ水煮、ホールトマト、豆、シチュー、チリ、大和煮、コンビーフ、スパム、サーディン・・・・)
レトルトのカレー、シチュー
煮干
干し貝柱
スルメ
鰹節
海苔
切干大根
干ししいたけ
乾燥ワカメ
昆布
インスタントラーメン
パスタ
常温保存できるソーセージ
その他多数

水と備蓄食料は、一戸建てに住んでいるなら、庭に置く簡易物置(倒壊の心配が少ない)にも置いた方が良いかも。
ライフラインの切断も考え、ライトと電池、カセットコンロと燃料、七輪と炭なども必要です。

実際に、阪神での震災にあった方の話では、「食料の備蓄があっても、腹をすかして泣いている子供に分けてしまう」ので、食料よりも、バール、スコップなどの、脱出、レスキュー用ツールの方が役に立つそうですが。

非常食を準備するという行為は、非常事態がありうる事を、実際の行動により意識に深く刻むことが出来ると思います。
準備したものを実際に使用する事よりも、意識の中でシュミレーションする事になるので、何も準備しないよりは冷静に行動出来るようになるかもしれません。

とにかく、靴とライトは枕元。パジャマかスウェットを着て寝る。
ライトや非常持ち出し袋には、トリチウムのキーホルダーを付けるのがいいかも知れません。


不備な点があればコメント下さい。
[PR]
by rwalker | 2006-03-30 22:56 |
<< もっと光を! 24時間食料パック >>