Bark River Bravo 1 CPM 3V Green Canvas - Spear Point - Full Height Grind

BRKでも人気のあるBravo 1の鋼材をCPM 3Vにしたモデル。
スゥエッジ付きやドロップポイントなどいろいろあるが、比較的ポイントの鋭くないスピアポイントにした。
グラインドはスパインまで傾斜の付いたフルハイト。
f0098756_20202292.jpg

f0098756_2022879.jpg

Overall Length: 9.065 Inches
Blade Length: 4.250 Inches
Blade Steel: CPM 3V @ 58 rc
Blade Thickness: .217 Inch
Weight: 7.575 Ounces
丸みを帯びたポイントのせいか、オリジナルより無骨な雰囲気に感じる。

f0098756_2023177.jpg
f0098756_2023297.jpg

こうして見るとかなり分厚い。
丸みを帯びた楔のようにも見える。

f0098756_20251724.jpg

f0098756_20252868.jpg

左右でグラインドの具合が違うことを心配していたが、それは杞憂だった。
良かった。

f0098756_20264641.jpg

f0098756_2027917.jpg

f0098756_20285619.jpg

f0098756_20291385.jpg

Bravo 1の1stと比較。
アウトラインの差はポイントのスパインをドロップして削り込んだだけなので、上記したスペックより刃が数mm短い。
刃の厚みはほぼ一緒だが、ハンドルは2mmほど厚かった。重量も20gくらい重い。
ハンドルと重量は握って判るくらいに太く重くなっている。
私としては、ハンドルが太くなり手袋をしても握りやすくなったので、かえって良くなったと感じた。

f0098756_20342741.jpg

鞘はだいぶ簡略化された。
革の質も劣り、作りも雑。
軽く、コンパクトになったとも言えるが。
f0098756_20354075.jpg

f0098756_20355427.jpg

ループ基部が細くなっているので、ワックスでがっちり固めないと実用には耐えないだろう。
この時点でワックスは入れてあるが、不安を感じる。
腰に下げると撚れてしまうように思えるので、負荷が分散することを期待して鞘の穴にパラコードを通した。

f0098756_20404747.jpg

杉の丸太をバトニングで割って細くし、少し削ってみた。
箱出しでの切れ味は良好。
f0098756_20422664.jpg

A2のBravo 1と比べても遜色は無いが、フルハイトのせいか若干深く食い込み勝ちになる。
これは慣れだろう。
f0098756_20435023.jpg

最近よく使うミニタスカー(O1鋼)でもやってみたが、より良く滑らかに削れる感じだった。
刃の厚みやグラインド、研ぎも違うが、鋼材の差もあるかも知れない。

鞘以外では特に不満を感じず、良いナイフだと思う。
スピアポイントなのでオリジナルのように鋭いポイントを使った作業は難しいが、短く持ってのコントロールはかえって楽に感じた。おそらく強度も高いだろう。
肉や野菜などを切る場合では、フルハイトのためかオリジナルよりも使いやすかった。
鋼材の違いによる切れ味の差は特に感じなかったが、これから使っていくうちにわかるかもしれない。
[PR]
by rwalker | 2011-11-26 20:54 | ナイフ
<< MSR Military Ma... Fire kit >>