Tops Brothers of Bushcraft Fieldcraft Knife

f0098756_19352250.jpg

Designer: Brothers of Bushcraft
Blade Steel: 1095 High Carbon Steel
Blade Coat: Black Traction
Hardness: 56-58 RC Blade
Thickness: 3/16 inches
Blade Length: 4-1/2 inches
Overall Length: 10 inches
Weight: 7.9 ounces (without sheath)
Construction: Full Tang
Sheath: Kydex

北米のブッシュクラフト愛好家やインストラクター達によってデザインされたナイフ。
4インチ台で炭素鋼、スカンジグラインド、バトンで垂直に打ち込むことを考慮したポンメルなど、モルス・コチャンスキがデザインしたスクーカムブッシュツールに近いコンセプトに思う。
ファイアスティールと笛が付属。

ブレードはセミドロップでおとなしめのフォルム。
根本の背には滑り止めが刻まれている。
f0098756_19412192.jpg

f0098756_1942412.jpg


スカンジということだがセカンダリベベルがあり、その幅も広い。
コンベックスに近いような印象。
f0098756_1945826.jpg

f0098756_19454413.jpg


ハンドルは幅広でしっかりと握れる。
握った感じも良い。
f0098756_19473018.jpg

f0098756_1948689.jpg

f0098756_19544154.jpg
f0098756_19545487.jpg


ハンドルスラブのブレード側にあるくぼみは短く持つときに使う。
f0098756_19495395.jpg
f0098756_1950850.jpg


ランヤードホール近くのくぼみはボウドリルのハンドピースとして使えるように。
ポンメルのノッチはファイアスティールを削るときに使う。
f0098756_19513063.jpg


付属のファイアスティールと笛。
ファイアスティールはマグネシウム2本とセリウムと鉄の合金(ライター石)1本のロッド3本を束ねてある。
笛は薄型だが意外と大きな音が出た。
f0098756_2072728.jpg


BRAVO1との比較。
一回り大きい。
厚さは若干薄いが、重量はBRAVO1の212gに対して276gと重い。
f0098756_2095191.jpg

f0098756_201030100.jpg

f0098756_20111093.jpg


鞘はカイデックス製で、収めると少しカタカタ言うが抜け落ちる心配は無さそう。
裏のクリップでベルトなどに吊るせる。
f0098756_2013524.jpg

f0098756_20141871.jpg


切れ味は良かった。
牛筋もスパスパ切れる。
f0098756_20155285.jpg

f0098756_20163499.jpg


まだ本格的に使ってはないが、悪くないナイフだと思う。
BRAVO1に近い性格で、少し安い価格も良い。
[PR]
by rwalker | 2012-03-21 20:20 | ナイフ
<< Tops Brothers o... じょっぱりサイドバーナー >>