続々 ピー缶ストーブ

ピースの缶を利用した、チムニー式アルコールストーブの3個目を作った。
今までの2個の欠点をふまえ作成したので、かなり改良されていると思う。

まずは、前2作の特徴と欠点を述べる。
ワイヤーによる遠隔操作、外装はピースの缶でバーナートップはクアーズ(底を打ち込んだもの)は3つとも共通している。


壱号機
f0098756_2211758.jpg

外はピース缶、中にはホーメルのソーセージ缶。
バーナートップはクアーズの缶底。
本体に巻いたスリーブは、発泡酒の1L缶。

燃料タンクにしたソーセージ缶は、60mm径なので比較的容量が大きい。
外部に巻いたスリーブを動かし火力をコントロールする。動きは良好。

欠点としては、不完全燃焼を起こしやすい。
点火してから炎が安定するまで時間がかかり、その間咳き込むように炎が大小する。
弱火にして、再び強火にするとまた咳き込み、なかなか安定しない。
外の缶と内の缶の隙間を空気が通る構造だが、この隙間が数mmしかないので流通が良くないと推測される。



弐号機
f0098756_22111128.jpg

外はピース缶、中はキャンベルスープ缶。
バーナートップはクアーズの缶底。

キャンベルの缶はピース缶より小さいが、近いサイズなので、重ねた状態で空気穴を開け、内側の缶を回転させることで、空気の流入量をコントロールする。
これにより外部のスリーブを廃した。
燃料タンクとなる内側の缶がそれなりのサイズなので、低くしても燃料の容量を確保できる。
空気がダイレクトに入るので、立ち上がりも良く、コントロールのレスポンスも良い。

欠点は、内側の缶の滑りが悪く、操作しづらい。
側面の穴から空気がダイレクトに入るので、横風の影響を受けやすいような気がする。




そして
参号機
f0098756_22202341.jpg

外はピース缶、中にはミニッツメイドの160g缶。
バーナートップにはクアーズの缶底。
火力調整用に、輪切りにしたキャンベルスープの缶を使用。

構造は壱号機に近いが、内側と外側の隙間が大きいので、空気の流入がスムースである。
内側の筒で空気の流入をコントロールするのは弐号機と同様だが、抵抗が少なく操作しやすい。
以上により、壱号機のような酸欠も起こさず、コントロールのレスポンスが良く、弐号機よりも操作しやすくなった。

欠点としては、燃料タンクにした内側の缶が小径なので、容量を確保する為に高さが最も高くなった。それでも、燃料の容量は一番小さい。
弐号機よりは操作しやすいが、それでも上に載せた鍋を軽く抑える必要がある。
材質の殆どがスチール缶の為、サビの心配がある。


燃焼

強火
f0098756_22322036.jpg



弱火
f0098756_22324537.jpg



参号機完成の時はベストに思えたが、まだ改良点はある。
課題は、操作性と火力の向上、燃料タンクの容量アップなど。

どこかに良い缶はないものか・・・
[PR]
by rwalker | 2006-12-28 22:37 | アルコールストーブ
<< THE TWO KILOGRA... ピー缶ストーブ 続き >>