ZEBRA 12cm Stainless Billy Can

タイのZEBRA社製ビリカン(湯沸し、小鍋)。
イギリスのブッシュクラフト愛好家では人気が高く、その手のスクールでは大体売っている。
堅牢で吊り下げる事ができるので、裸火で使用しやすいからだろう。
サイズは10cm~16cmで2cm刻みに4種類ある、シンプルな割りには3000円前後と高い。
BushBuddyストーブを収納することを考え、12cmのモデルを購入した。

f0098756_1829130.jpg
直径は12cm、容量は約1.5L。
キッチンポットにベイルハンドルを付けたような感じである。
それなりに厚みのある素材のため、軽くは無い。

















f0098756_18343181.jpg
内部にはハンゴウの中子のような形で、3cmほどの深さの皿が入っている。しかし、フタが上部を包み込む形ではなく、のエッジ部分が内側に入る形なので、内圧を高める役には立たない。
外ブタの上部はフラットなので、ひっくり返して皿として使える。パッケージの写真では、内ブタに海老や野菜を盛り付け、外ブタにソースが入っていた。

左上にちょっと写っているのはBushBuddyストーブ。










f0098756_18404577.jpg

ハンドルの基部に白いプラスチックのパーツがあり、ハンドルを直立させるとフタを固定する。
おそらく弁当箱としての機能だろう。
調理用に使う場合には邪魔だし、裸火で使用する場合には溶けるので外す事にする。
しかし、このパーツが無いとハンドルが固定されないので、ストーブの上で使うには少々具合が悪い。



f0098756_18545442.jpg

BushBuddyストーブに載せた状態。
ストーブ本体が縦長なので、えらく不安定に見える。
実際に使用する際には、木の枝などで三脚を組み吊り下げた方が良いかもしれない。


f0098756_1857264.jpg

BushBuddyストーブを内部に収納してみた。
サイズは合うのだが、この状態では内ブタは入らない。


この鍋にBushBuddyストーブとアルコールストーブ、3mmの綿ロープ1mとチェーン60cm、フックを収納して一つのコンポーネントにしようと思う。
[PR]
by rwalker | 2007-03-07 19:14 |
<< ドイツ軍用ビクトリノクス 装備リスト(冬季の低山ハイク) >>