カッパ天国 透湿性

除草剤の散布で着用してみた。
気温23℃、無風~微風、快晴。
f0098756_18302583.jpg

下に着ているのは、綿の半袖スウェットシャツと綿混のパンツ。

薬剤を含めて20kgくらいの散布機を背負い、40分ほどの作業。
下に着ているものは汗でかなり濡れた。

カッパ天国を脱いで裏に触れてみると、直接皮膚に触れていた腕の部分と、背中の一部以外は殆ど濡れた感じがしない。
水分は、あらかた外部へ放出してしまったようだ。
大した透湿性である。

しかし、これは、湿度が低く、生地の外側が濡れていない状態でのことなので、雨天時では同じ性能は期待できない。
他の防水透湿素材と同程度には蒸れるだろう。


これはLサイズだが、私(171cm 71kg)には少し袖が短い、腕ぐりも狭く少しすれる感じがある。
今の時期は良いが、重ね着をするには1サイズ上が必要。
下も少々丈が短いが、長靴やスパッツを使うのであまり問題はない。 
[PR]
by rwalker | 2008-06-15 18:44 | 衣類
<< 南アルプス周遊 1 カッパ天国 マスター >>