カテゴリ:ライト( 4 )

掌中の輝き ハンディフラッシュライト(LED)

LEDを使用したライトはここ数年で目覚しいほどに性能が向上した。
元々、球切れの心配が無く使用電力が小さい為に電池の持ちが良い、のが特徴だったのだが、最近は通常球を越えるような明るさのモデルも多い。
既にアウトドア用のライトは、ほぼ全てLEDになったようである。

私の持っている万年筆型LEDライトは以下の通り。
f0098756_21435978.jpg
左から、ARC LS、NUWAI 3W、INOVA T1、FENIX L0D CE、FENIX E0。










f0098756_21471859.jpg


f0098756_2148552.jpg
ARC社のLS。
1W LED使用で、発売当時は小型LEDライトとしては最も明るい部類であった。
電池ケース部分を替える事によって、単三×2、単三×1、CR123×1で使用できる。
スイッチはヘッドを回転させる。ミニマグライトと同じである。
単三×2では10時間近く使用できる(アルカリ電池)。後半は半分以下の明るさsであるが。

手持ちライトとしてはこれぐらいが使いやすい。









f0098756_21555535.jpg
単三×1の状態。
見た目のバランスは悪いが、単三×2に比べてもさほど暗くは感じない。
充分な明るさである。
単三電池一本で数時間は点灯するので、最もランニングコストが安い。












f0098756_225283.jpg
CR123×1の状態。
頭から尻まで同じ太さで、見た目がとてもよろしい。
3VのCR123を使うので、単三×2と同じ明るさである。
コンパクトで明るく、キーホルダーとして使用していたが、短すぎてスイッチの操作がしにくく、電池も高いので、この状態ではあまり使わなくなった。
以前使用していたヘッドライトはあまり明るくなかったので、山行でのバックアップ用としても重宝した。

尚、ARC社は一旦倒産して最近復活したが、このLSはラインナップには無い。
実に残念である。







f0098756_22164483.jpg
NUWAIの3WLEDライト、CR123電池を2本使用する。中国製。
デザインが某タクティカルフラッシュライトを彷彿とさせるが、気のせいであろう。
スイッチは尻に有るプッシュボタンで、押し込んで放すと作動する。
明るさが二段階で、暗いモードでは20時間くらい使えるそうである。
電池が高いのであまり使っていない。

自然放電が少なく、長期保存可能なリチウム電池使用なので非常用にしている。










f0098756_22238100.jpg
INOVA T1、CR123電池を一本使用。
スイッチは尻に有るプッシュボタン。
電池の割にはサイズが大きいが、持ちやすくスイッチの操作性も良い。
スイッチを軽く押し込んだだけで点灯するので、間歇的に点灯できる。
特殊なレンズを使用していて、照射パターンが狭い。
一般には使いにくいかも知れないが、T1のTはタクティカルのTなので、その用途には良いのだろう。










f0098756_22322632.jpg
FENIXのL0D CEとE0、共に単四電池を一本使用。
真ん中にあるのはタバコである(両切りピース)。サイズ比較用。

左端のL0D CEは新型のLED使用で、このサイズとしては驚異的な明るさである。
私の持っているライトでは最も明るい。
スイッチはヘッドの回転で行い、On Offを繰り返す事で、三段階の明るさ、点滅、SOSのモード切替が出来る。


右端のE0は、シンプルなライトだが20時間の点灯が可能である。
明るさはそれなりで、L0D CEのLowモードと同じくらいだが、充分である。

どちらも小指ほどのサイズで、キーホルダーとしてポケットに入れておいても全く苦にならない。
EDCとして使いやすく、非常時にも良いだろう。
f0098756_042521.jpg



こうして見ると、LEDライトの進化の早さには驚かされるばかりである。
[PR]
by rwalker | 2007-02-07 23:03 | ライト

ヘッドライト Tactikka XP

f0098756_2191983.jpg

以前より検討していたペツル社のヘッドライト「Tactikka XP」を購入した。
(購入を決心した一因はhttp://ulgoods.exblog.jp/d2006-12-03です。ulgoodsさん、ありがとうございます)

Tactikka XPは、Tikka XPのミリタリーっぽいモデルで、色が違うのと、カラーレンズ及びレンズホルダーが付属するだけで、モノは一緒である。

1WLEDを使用し、電池は単4型を3本。本体の重量は95g。
上部のプッシュボタンで操作して、明るさを三段階と点滅に切り替えられる。
もう一つのボタンを押してブーストモードだと、1.5倍の光量を最長20秒間、押している間だけ照射できる。
電池の寿命は、アルカリ電池で最長120時間、リチウムを使用すれば200時間以上持つだろう。

まだ本格的に使用はしていないが、実にいい感じである。
軽くてコンパクト、明るさも充分以上。
遠くを照らしたい時には、ブーストモードは便利そうだ。
正面のカバーにフィルターが内蔵されているので、簡単な操作でフィルターを使用できる。
無色のフィルターなら光を拡散させて、手元を広範囲に照らせる。
赤色フィルターなら、目が暗順応しやすいのでライトを間歇的に使用する場合に向く。点滅モードでマーカーにもできる。(青及び、緑フィルターの利点はなんだろう?)

小さくておもちゃのようだが、実に頼もしいライトである。

これまでは、プリンストンテックのLEDヘッドライト「マトリックス」を使用していた。
購入した当時は最新モデルで、点灯時間が長く防水、単三電池使用と、シンプルで使いやすかったが、こちらはリチウムを入れて非常用にしようと思う。
[PR]
by rwalker | 2006-12-11 21:36 | ライト

もっと光を!

唐突ですが、ライトを探しています。

通常の使用においては、現在使用しているライト(ARC LSとプリンストンテックのヘッドライト)で、全く問題は無いのですが・・・

護身用に使えるライトが有ればいいな~

と、思っています。

具体的には、3WLEDとCR123×2で、明るいモデル。
なるべくスッキリしたデザインで携帯しやすく、ヘッドで殴打してもレンズが割れにくいデザイン。
ハイ、ロー、切り替えが出来て確実に作動。
間欠点灯が出来る。
コストパフォーマンスに優れる。

などが、条件です。

NUWAIのヤツが良さそうですが、GENTOSも安いので捨てがたいし・・
(両者とも、スイッチの事で不満があるので決定ではない)

迷います。
[PR]
by rwalker | 2006-04-03 00:06 | ライト

Lighter with LED Light

百円ショップにて購入。

使い捨てライターに、LEDライトが仕込まれている。
f0098756_23502333.jpg


ライトはかなり明るい。
昔、2800円で買ったフォトンよりも明るいかもしれない。

時代の移り変わりを実感した。

ライターとしては、タンクが普通の1/3程度なので、毎日使うとすぐにガス欠になりそうだ。

ライトはネジを外せば分解可。
電池交換もできる。


ガスが切れたら、半分に切って、キーホルダーライトにするのも良いかもしれない。
[PR]
by rwalker | 2006-03-23 23:57 | ライト