カテゴリ:運搬( 5 )

SAS ASSAULT VEST(Pack, Combat, Lightweight)

f0098756_23312216.jpg
f0098756_2331387.jpg

60年代に英軍特殊部隊がボルネオで使用するために開発した、Pack, Combat, Lightweight。
前部に二つのポーチと背中にバックパック、肩はメッシュ地、裾はループでベルトに固定でき、胴回りは両脇に2本づつ付いたストラップで調整する。
従来のウエビングとの併用も可能。
汎用性の高いデザインのため好評で、世界各地での作戦に使用され、湾岸戦争あたりまで使われた。
短期のパトロール、監視任務、汎用機関銃手などに使い勝手が良かったという。

f0098756_23324150.jpg

フロントのポーチは大型で、58パターンウエビングのキドニーポーチほどの大きさ。
バックルは、米軍ALICE装備のマガジンポーチのものに近い。
ポーチの前面には上の開いたポケットが縫い付けられ、M16やFALのマガジンも入るサイズ。主にフィールドドレッシングの収納に使用されたようだ。
フロントの袷は二個のトグルボタンで閉じる。
アナクロだが、まず故障の心配は無く、壊れても修理は容易である。

f0098756_23335238.jpg

バックパックはカナダ軍のバットパックとほぼ同じ大きさ。
フラップを固定するストラップはバックルでは無く、結んで留める。
着用中は物の出し入れが可能な位置ではないので問題は無いだろう。
これも、まず故障の心配は無い。
フラップと底にナイロンテープが縫い付けられ、ポンチョロールやキップマットをくくり付けられる。

袋を3つ繋げただけのシンプルなデザインだが、意外と着用感は良い。
振り分け荷物のようになるため、重量のバランスは良く考える必要有り。
チェストリグと違い、両脇にポーチが無く腕の動きは楽。
水筒やナイフ、各種ポーチを吊ったベルト連結することで、温暖期に3日程度行動するだけの装備を、しっかりと身体にフィットさせて携行できそうである。

ミリタリー用としては現代のモデルには敵わないが、シンプルな分軽く、中身を決められたポーチでは無いので何を入れても良く、アウトドアレクリエーション用にも適している。


このベストをベースにして、80年代に開発されたSBSベスト(Arctic Vest)。
f0098756_23355960.jpg

前部にはM16やFAL用のマガジンポーチ、右脇にはレーションポーチ、左脇には40mmグレネード用ポーチ(4発分)、両胸にはフィールドドレッシング用のループ。
背中にはメッシュ地のバックパックと、下部にポンチョロールやビヴィー、軽量の寝袋が入る筒状のメッシュバッグが付く。
[PR]
by rwalker | 2009-09-29 23:36 | 運搬

SAS Ration/Escape Pouch(E&E pouch)

f0098756_23231661.jpg

一昔前の英軍装備。
2ポジションでベルトに吊れる。
f0098756_232548.jpg


メスティンが丁度納まるサイズ(画像のメスティンはカナダ軍のもの、英軍のものより少し軽い)。
f0098756_23255167.jpg


f0098756_23263552.jpg

フラップを留めるバックルはストラップとプラスチックループを組み合わせた形で、基本的な形状は大戦中の英軍装備と変わらない。
ストラップを引っ張るだけで外れ、殆ど音がせず壊れにくい。
しかし、これを嵌めるのは普通のバックルやスナップよりも少し手間である(慣れれば問題無いが)。
同様のバックルは、ドイツ軍やカナダ軍でも使われている。

BCBのEMERGENCY RATIONなら二つくらい入る。
f0098756_23275232.jpg


f0098756_23384530.jpg

仕切りなどの無いただの袋。
内側に、ナイフやライト、スプーンの入る細長いポケットを縫い付けても良いだろう(カナダ軍のポーチには、内側側面にポケットが付いている)。

ベルトからぶら下がる形で吊れるので、バックパックのウエストベルトと干渉せずに装備できる。
BCBのEMERGENCY RATIONとFAK、パラコードとヒートシート、などは充分に入る大きさなので、本来の用途通りE&Eキットの収納に良いだろう。
メスティンの大にキットを入れてからポーチに収納して、内容物の保護と引き出しのように取り出しやすさを得ることも可能。
[PR]
by rwalker | 2009-09-29 23:28 | 運搬

GOLITE Breeze

f0098756_21415680.jpg
f0098756_21421421.jpg


既に生産が終わってしまったパックだが、ウルトラライトバックパッキングを広めるきっかけの一つとなったものであり、その功績は大きい。
今となっては大して軽いとは言えない。
しかし、シンプルな構造と、意外なほどの背負いやすさは魅力である。

そもそもこのパックを知ったのは、海外旅行の際に読んだ「BackPacker」誌にあった広告だった。
網袋のようなパックの写真と、「荷物は20ポンド以下で」とあり、その時は、いくら荷物は軽い方が良いとは言えこんなショボイパックは背負いたくないと思った。
その後、GOLITEのHPで紹介されていた「RAY WAY」を読み(今は無い)興味が出たので数年前に購入。
だが、買ってはみたものの、あまりに頼りなく山では使っていなかった。
ウェストベルトも無いし。


先日の南アルプス行の際、前夜試しにBreezeに荷物を詰めてみたら思いのほか背負いやすく、そのまま山行となった。
大体12~3kgの荷物だったが、背に吸い付くような感じで心地よい。
それまで山で使わなかったのが悔やまれた。


大まかな形は箱型のトップロードで、ボトムの方が若干厚みが有る。
雨蓋は無く、開口部のスリーブを一本のストラップで押さえる。
容量は、カタログデータでは64Lだが、これはポケットもフルに詰めた場合で、使った感じでは45~50L くらいだった。
夏山で1週間くらい過ごすには充分な容量である。

サイド下部と前面はメッシュポケットで、水筒やシェルター、雨具などを収められる。
パッキングし終わって、入れ忘れたものがあってもポケットに突っ込めるので便利である。
メッシュなので強度は期待できず、薮こぎでは引っ掛かりやすそうである。
雪も付きやすいことが予想されるので、状況によっては注意が必要だろう。

サイド上部にはストラップが縫い付けられており、ポケットに畳んだ杖などを差す際に挟んでおける。

ボトムにはピッケルループがあるが、上でとめる物が無いので、ここにピッケルやストックを固定する時は、細引きを上記のストラップに廻して留める。
ショルダーストラップは、クローズドセルをナイロン生地で包んだだけの物だが、幅が広く適度な厚みがあるので快適である。
その本体への取り付け方も絶妙だ。
f0098756_2264429.jpg

画像のようにナイロンウェブが上下に別れ、上が開くように縫い付けられている。
そのため重量を分散し、肩のラインにフィットした角度となる。
ストラップのラダーロックはショルダーパッド側では無く、下側、腰のあたりについている。
これは、パックを腰に引きつける為だろうが、一旦合わせればそのままなので、上でも下でも、どちらでも良いと思う。

サイズがMだからかもしれないが、背負った時のパックの位置は高めである。
ウェストベルトは無いが、パック下部が丁度腰の湾曲部に乗る感じで、パックの重みが腰にも分散されていることを実感できる。

コンプレッションストラップなどは無いので、食料が減り荷物が減った場合は、寝袋をスタッフバッグに入れずに詰めたり、背中側に入れてあるサーマレストを膨らましたりして対応する。


背負いやすくパッキングもしやすい、非常に優れたパックだがいくつか不満もある。

先ずは縫製。
昔のGOLITEは雑で、これもそうである。
一見がっちり縫ってあるように見えるが、ステッチ幅が広く一つ一つの縫い目への負担が大きい。
一点に力がかかるので、そこから裂ける事もある。
f0098756_22201211.jpg

見難いが、縦に走っている縫い目の脇が裂けている。
これは、もう一重ステッチを噛まし、シームシーラーで処理をすれば防ぐことができるがあまり気分の良い物では無い。

次は糸。
安っぽい弱そうな糸で、力のかかるところは縫い目が笑ってしまっている。
これも上と同じ処置で対応可。

もう一つは生地である。
大部分がダイニーマのグリッドが入った薄くても丈夫な生地なのだが、フロントのメッシュポケットの下が厚手のナイロンである。
ここも他と同じ生地だと良かった。
見えにくいところだから手を抜いたのだろうか。

長々と述べたが、結論として非常に優れたパックである。
もう作っていないのが残念だ。


PS:気に入ったので、ある方に無理を言って別の色を譲って貰った。
本当にありがとうぎざいます。
これで、あと十年は戦えます。
[PR]
by rwalker | 2008-08-22 22:29 | 運搬

装備リスト(冬季の低山ハイク)

<身に付ける物>
下着:フェニックス Tシャツ、トランクス(毛玉が出来やすいが、汗の乾きが良い)
シャツ:パタゴニア アクティビストフリースジップT(13年物、雪や風にも強い最高のフリース)
パンツ:パタゴニア ガイドパンツ(雪が付きにくく動きやすい。保温性はまぁまぁ)
ベスト:パタゴニア レトロX(シェルを着用しなくとも体幹部を守れる)
帽子:野球帽、フェニックス ヘッドオーバー(この組み合わせは応用がきく)
靴下:スマートウール ハイキングソックス
靴:モントレイル ゴア、スポルティバ パシフィッククレスト(状況によって選ぶ)
スパッツ:OR クロコダイルゲイター、モンベル ロングスパッツ(靴によって変わる)
手袋:薄手ウールorフリース
サングラス:スミス
(積雪が多いときは、パタゴニアのハードシェルジャケットとパンツ、シェル付きグローブ、スカルパのプラブーツを着用)

<衣服>(バックパックの中)
雨具:ミズノ(初めからハードシェルを着る時は持たない)
防寒着:モンベル LWダウンジャケット
防寒着:フェニックス HWアンダーウェア上下(主に寝るときに使用)
予備下着:フェニックス Tシャツ、トランクス
予備靴下:スマートウール2足
手袋:ゴアグローブ、予備のウールグローブ

<運搬>
バックパック:GOLITE BREEZE、オスプレー フィネス(荷物が入れば何でも良い)
スタッフサック:レジ袋、ジップロック(全ての荷物をそれぞれ包む)
ポール:ブラックダイアモンド
スノーシュー:TUBBS
(積雪が多い、傾斜のきつい所ではテレマークとシールを使う)

<寝具>
寝袋:ME デューライン、ハミングバード オーバーバッグ(この二つで-15℃位まで対応)
マット:サーマレストUL3/4、薄手銀マット

<シェルター>
ツェルト:モンベル(そのまま張っても良し、雪洞の入り口を覆っても良し)
ガイライン:パラコード10m(3mが二本、2mが二本)
ペグ:MSR8本
スコップ:ボリエール テレスコピックシャベル

<調理器具>
ストーブ:MSR ウイスパーライト (or ストームクッカー)
鍋:SIGG INOXALクッカー16cm(or ストームクッカー)
カップ:サーモス トラベルマグ
燃料:1日あたり100~200cc
水筒:ナルゲン1Lボトル、プラティパス 2L(寒さが厳しい場合は魔法瓶も持つ)
その他:風防、スプーン、ポットハンドル
着火器具:ガスライター、マッチ

<その他>
ナイフ:ファルクニーブン H1、ビクトリノックス トルーパー(山刀を加える場合もある)
ファーストエイドキット:*1
ライト:ペツル TIKKA XP
コンパス:SILVA No3
地図:25000分の1地形図、ジップロック、手帳と鉛筆
ラジオ:オーム電器 3バンド
予備電池:単4×4本
リペアキット:*2
トイレタリーキット:タオル、トイレットペーパー、歯ブラシ
非常用品:サバイバルキット*3、マイラーシート、新聞紙、非常食パック*4、使い捨てカイロ

<食料>(一日あたり)
アルファ米:200g(100g×2)
味噌汁:2食分(フリーズドライ)
ラーメン:カップヌードル(砕いてジップロックに入れる)
副食:コンビーフハッシュ、ツナ缶、オイルサーディン、サラミソーセージ
行動食:飴、チョコレート、ナッツ
飲料:インスタントコーヒー、緑茶
タバコ:ショートピース20本
酒:スミノフ200cc
その他:醤油、唐辛子

*1:バンドエイド、ガーゼ、イソジン軟膏。テーピングテープ、目薬、塩化ベンザルコニウム、アスピリン、正露丸、鏡、ハサミ、とげ抜き、三角巾、ウェットティッシュ

*2:ガムテープ、針、糸、針金、プラバックル、靴紐

*3:メタルマッチ、メス、バンドエイド、小型ライト、ボタンコンパス、塩、マッチ、タンポン、デンタルフロス、釣り針、縫い針、ガムテープ

*4:固形ハチミツ、コンデンスミルク、カロリーメイト、サラミ、アルファ米、スープ、コーヒー、緑茶、ガム、タバコ、ウオッカ、固形燃料
[PR]
by rwalker | 2007-02-10 02:24 | 運搬

バックパックなど

ゴーライトやアークテリクスなど、西洋のブランドが幅を利かせている昨今ではあるが、我が日本にも世界に誇るべきモノがある。

風呂敷、葛篭、背負い籠など。

明治以前の方々はそれらの物でパッキングして、ロングトレイルハイク(東海道や伊勢まいりなど})をしていたのではあるが、スポイルされた我々には少々難があるので、風呂敷はデイハイクでのウエストバッグ替わりに使うのが良い。

私も風呂敷は小学生の時より愛用している。
遠足のしおりで「ナップザックなど」を拡大解釈した私の保護者は、おにぎりを包んだ風呂敷をどうやったら安定して運べるかを、教えてくれた。
全く、ありがたい事である。

それにしても風呂敷は便利かつオシャレではないか?
シンプルな方形の一枚布であるがゆえの多様性と、プリントされるデザインの自由度。
Wプライの両面印刷は丈夫ではあるがちょと重い、しかしリバーシブルによる折り返しの美しさ・・・
当然、生地が厚いので丈夫ではあるが、重い。


私は、普通の綿製の風呂敷のほかに、防水生地で作ったモノも愛用している。

1m四方のナイロン布ではあるが、簡易パック、シェルター、防寒着など、多用に使える。
[PR]
by rwalker | 2006-03-23 02:53 | 運搬