<   2007年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

武器

登山用語では、スプーンやフォークのことを「ブキ」と呼ぶ。
グループでの食事はまるで戦場で、そこで用いるからとか、ロシア語の「ビューキ」(フォーク)から転じたとか、諸説あるが、現在のところ語源の定説は無いようである。
尤も、私は山岳部にも山岳会にも属した事が無く、「ブキ」と呼ぶ習慣が付かなかったので、普通にスプーンやフォーク、あるいはユーテンシルツールなどと呼ぶ。

最近は「和武器」なるものもあるが、これは「独逸武器」。
f0098756_22141347.jpg

上はボーカーのイーティングキット、下はユンガー。

ボーカーは鞘を外すと、フォークとナイフが出てくる。
f0098756_22254867.jpg

元々は、それぞれの柄のくぼみにはまる形で、ティースプーンのようなものが入っていたが、いつのまにか無くしてしまった。小さすぎて使い難いものだったので、大して惜しくは無い。
フォークは小振りで、丁度、昔のカップヌードルに付いていたものに柄を付けた様な感じだ。
サイズの割りに使いやすい。
ナイフはホローグラインドされ刃が付いているので、食事用よりも果物ナイフに近い。
簡単な料理なら充分こなせる。

f0098756_22344993.jpg

鞘の先端には二個のキャップがあり、塩と胡椒のシェイカーになっている。
サイズが小さいので少ししか入らないが、ちょっと味が足りない時には便利。
密閉性はそこそこ高い。

調理から食事までこなせ、結構使いやすく良く出来てはいる。
しかし、ナイフは別に持っているので機能が被るし、フォークより箸の方が便利、別にスプーンを持たなければならない(付属していたスプーンは小さすぎる)、収納サイズが大きく(21.5cm)かさばる、のであまり使わなくなった。
オートキャンプでの予備、ピクニック用としてはいいかも知れない。

ユンガーはアルミの鋳物で、スプーンとフォークのセット。
f0098756_2247011.jpg

このままでも使えるが、短い(約15cm)ので、連結して使うこともできる。
f0098756_22484387.jpg

連結した状態では21.5cm。
軽くコンパクトに収納でき、大振りのスプーンはお玉のように使えるので便利である。
しかし、連結して長くした状態で両端を交互に使おうとすると、反対側から汁が垂れてきて手が汚れる。
フォークの先端が鋭すぎて危ない、スプーンは大きすぎて口に入らないなどの欠点もある。
調理する際は連結してお玉代わりに使い、食べる時はばらして使うようにしていたが、鍋をかき混ぜている時にばらけてしまい、スプーンが鍋に沈んだりしたので、いつのまにか使わなくなってしまった。
因みに、スウェーデン軍のユーテンシルキット(ナイフ、フォーク、スプーン。撮影忘れた)のスプーンは、ユンガーよりも大きく調理に使いやすい。ナイフは形は良いが、全然切れない。


最近の武器
f0098756_2314983.jpg

MSRのチタンスプーンと、LIGHT MY FIREのスポーク(下)。

MSRのスプーンはサイズも手頃で使いやすい。
柄はMSRのストーブのメンテナンスツールを兼ねている。
全体のカーブも持ちやすい、これは家でも良く使っている。

普通「スポーク」は先割れスプーンを指すことが多いが、これは連結したユンガーのように両端がスプーンとフォークになっている。
ポリカーボネイト製で軽く、コンパクトだが使い勝手は悪い。
持ち替えつつ使ったら手も汚れるし不衛生なので、使う場合にはどちらか一方だけにした方が良いだろう。
フォーク部の側面はギザギザになっていてナイフのようにも使えるが、これを使う場合は対象を固定する為に別のフォークか箸が必要なので、あまり有用だとは思えない。
これを持つよりも、コンビニで貰える先割れスプーンの方が使いやすいだろう。



f0098756_23144238.jpg

結局、オーソドックスなのが一番使いやすい。
上は、コットンツリーから削りだしたスプーン。
熱いものを食べても唇を火傷しにくい、掬う部分が深いので小振りのお玉にもなる。

下は米海軍のスプーン。
ステンレス製で、堅牢かつ使いやすい。
先端は薄く、それから徐々に厚くなっている。
柄の部分は断面が軽く三日月状で、剛性が高められている。
サイズ、カーブの具合もMSRのスプーンとほぼ同じだが、曲げに対する強さはかなり高い。
とにかく頑丈なので、脱獄には最適だろう。


結局、よく使うのは、MSRか米海軍のスプーン。
どちらかと竹の割り箸を持つことが多い。
[PR]
by rwalker | 2007-09-04 23:27 |

グリベル アルパインステッキ

f0098756_2350478.jpg

イタリアのグリベル社製の杖。
全長145.5cm、直径2.5cmで材質はヒッコリー、中央で二分割できるユニークなデザインである。(分割後は、それぞれ76cm)

f0098756_2357394.jpg

接合部は鋼管になっている、ここでは見えないが鋼管の中とオスの部分には、それぞれボルトとナットがはまっていて、それぞれをねじ込む事で接合する。
かなり精度の高い加工がされているので、しっかりとねじ込めばガタ付くことも無い。

f0098756_024670.jpg

トップには中央部と同じ鋼管を短くカットしたものがはまっている。
石突部は同社のピッケルと同じ物。
下にある黒い物は、ゴム製の石突カバー。


バックパッカーの歩行を補助する道具として、杖は昔から愛用されてきた。
昔、「遊歩大全」で紹介されていたのは竹製で150cm程度のものだったし(原著第三版以降はアルミ製)、「メイベル男爵のバックパッキング教書」でも同じような杖が紹介されていた。
しかし、急峻なトレイルの多い日本ではその長さが仇となり(邪魔臭いので)殆ど普及せず、現在では杖といえばスキーストックから派生した伸縮タイプばかりである。
実際、歩行の補助としてはダブルストックの方がはるかに有利だし、50cm程度まで縮められればザックに取り付けても邪魔にならないので当然ではある。
だが、たまには長い一本杖も良い、ノスタルジーと言われればそれまでだが、シンプルなだけに壊れ難いし、伸縮ストックでは出来ない使い道もある。
古いボーイスカウトのマニュアル(1911年)には杖の用途として、旗竿、急造担架の材料、テントのポール、目盛を付けて物差し、クリークや溝を飛び越える、釣竿などが載っていた。

このアルパインステッキは、金属パーツが多いので重く、短く出来るといっても76cmもあり、使いやすいとは言えないが、使って面白い道具ではある。
長さもロシア軍のツェルトバーン(2枚あわせると円錐型シェルターになる)に丁度良い。
私はこういう道具が好きなのである。


f0098756_093455.jpg
長さが丁度良いので、時々棒術の稽古にも使用している。
分割式のため強度は心もとないが、接合部に負担をかけない様な打ち方に気をつければ充分以上の武器となる。

格好が少々だらしないのは、稽古後の為。
[PR]
by rwalker | 2007-09-04 00:55 | 雑貨