<   2007年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

BARK RIVER BRAVO 1

f0098756_1725984.jpg

実用性に定評があり、ハンターやブッシュクラフト愛好家など、ナイフを使う頻度の高い人たちに人気のBark River社のナイフが、米海兵隊フォースリーコン(強襲偵察部隊)トレーニングユニットでのテストにより、同社の「Game Keeper」が最優秀とされたそうである。
その結果を受け、米海兵隊フォースリーコンの要求で作られたモデルが、この「BRAVO-1」。
海兵隊の要求としては、丈夫でコンパクト、とにかくハードな扱いに耐える、というもので、武器としての用途は考えていない、との事。(アル・マーのSEREが20%を武器として、というコンセプトとは対照的に思える)

ベースとなった「Game Keeper」からの変更点は、チョイルを廃しエッジを長く、ガード(鍔)を組み込む、背に親指を乗せる部分(Ramp)を付けることなど。

スペックは以下の通り。
全長:9.065インチ
刃長:4.250インチ
鋼材:A-2
硬度:59rc
刃厚:.215インチ
重量:7.375インチ
コンベックスグラインド

一昨日届いたばかりなのでまだ使ってはいないが、なかなか良さそうである。
実際に目にすると、写真で見たイメージよりも大きめでごつい印象がある。

ブレードはコンベックス(蛤刃)、鋭いエッジ且つタフでカービングの際の切り離れが良い。
鋼材は粘りがある炭素鋼なので、刃先を立てたり、こじったりするような使い方をしても欠ける心配が少ない。
また、炭素鋼は錆びるが研ぎやすいので、頻繁に使うような状況には向いている。
コンベックスなので、研ぐ時は普通の砥石よりも、耐水ペーパーとマウスパッドを使ったシャープニングボードを使用したほうが楽である。
エッジベベルを付けて、普通のナイフのように研ぐことも出来るが、その場合はコンベックスの利点は少なくなる。

ハンドルはグリーンキャンバスマイカルタ。
握りやすく作業性も良い。
サムランプの位置も良く、親指の位置を変えて力を入れる作業や、細かい作業にも対応する。
ハンドルはフルタングだが、中の鋼材は肉抜きされ、バランスポイントは人差し指のあたりに来るようになっている。
ただ、細めなので冬場など厚手の手袋を着けていると、持ちにくいかもしれない。
私としては、もう少し幅が広く薄めのハンドルが好みである。

ハンドルに通してあるランヤードはパラコードで編んだ。
芯を抜いていないので、太く嵩張る。
しばらく使って邪魔だったら、芯を抜いて編みなおそうと思う。

f0098756_18151686.jpg

既に2ndも出ているが、今回届いたのは1stだった。
差は無いと思うが、ちょっと嬉しい。

f0098756_17232081.jpg

付属しているは右上のパンケーキ型カイデックスシースで、左下の革シースは別売り。

f0098756_17252732.jpg

カイデックスシースは薄く邪魔になりにくい、裏には同じくカイデックスのベルトループがネジ留めされている。
ネジ穴の幅はTEK LOKと共通で付け替えることも可能。
シンプルなデザインだが、鯉口あたりの感触も良くナイフはしっかりと固定される。
ベルトループはブレードの付け根にあるので、腰のベルトに吊ると高めの位置にハンドルが来る。
バックパックのウェストベルトと干渉してしまうが、荷物を背負わない時ならこの形の方が邪魔にならない。

f0098756_17433598.jpg

別売りの革シースはランドールを思わせるデザインで、エッジ側にファイアスティール用のループが付く。
材質はサドルレザー、新しいのに使い込んだ感じがあるのは、昨日スノーシールをたっぷりと染込ませた為。
蜜蝋を多く含むスノーシールは革製品の防水、剛性を高めるのに良い。
しばらくしたら蜜蝋をホットワックスして、さらに硬くする予定。
f0098756_17492721.jpg

f0098756_17495061.jpg

裏側には「BARK RIVER」の刻印がある。

f0098756_17505965.jpg

シースに縫い付けられたストラップは、このようにベルトループの切り欠きに引っ掛けておくと、ナイフを収める時に邪魔にならず、切ってしまう心配も少ない。

ベルトループには9つの穴がパンチされ、ブレードを覆う部分のアイレットとあわせ、様々なところにくくりつけられる。
また、穴に細紐を通し、ナイフのハンドルがばたつかないようにループを作れる。
私は一番上の穴にパラコードを通しハンドルを押さえるようにした。

f0098756_17545466.jpg

ベルトに下げた状態では、自重でベルトループ内のコードが上に引っ張られ、ハンドルを固定する。

f0098756_17562862.jpg

ナイフを抜くときは、ハンドルを押さえているパラコードを引っ張りハンドルから外す。
ナイフ側の穴は滑りやすいほうが良いので、その内に鳩目を付けようと思う。

f0098756_1811460.jpg

ファイアスティールはナイフと同じくBARK RIVERで、削る角度が違うため質感が違って見えるが、ナイフと同じグリーンキャンバスマイカルタのハンドルである。
ロッド部は、LIGHT MY FIREのアーミーモデルと同じく、9mm近くもある太いものである。
LIGHT MY FIREのカタログでは、12000回の着火が可能とある。
このタイプのファイアスターターは何種類か持っているが、結構着火力が強いので意外と便利である。
長期間に渡りフィールドで行動する場合、このようにナイフと着火器具を一まとめにしておけるのは良いアイデアだ。
非常時でも、ナイフでシェルターを作り、ファイアスティールで火を起こし暖を取れる。

ただ、材質は鉄とセリウムの合金のため、海など塩気があるところだと腐食することがある。
数年前、海を旅していたら、二ヶ月ほどでアーミーモデルが真ん中から割けたことがあった。
真水なら大丈夫だとは思うが、なるべく乾燥状態を保つようにしたい。


全体的に良くできているナイフだと思う。
バックパッキングに持ち歩くにはちょっと重いが、ナイフが必要となる時には信頼できる。
革シース、ファイアスティールとの組み合わせ、プラス鳩目を利用してファーストエイドキットを付ければ、最低限のサバイバルキットとしても良い。
普段の生活でも、獲物の解体に便利そうだ。

手持ちのFALLK NIVEN H1とサイズや特性が似ているが、こちらのほうが良いかもしれない。


f0098756_1825512.jpg

一緒に購入した、SPYDERCOのP`KAL。
BRAVO 1とは逆に、武器としてデザインされている。
カリ・シラットのPAKAL(パカウ)という技術での使用を前提として、ShivWorksによりデザインされた。
ブレードバックに斜めに授けられたピンにより、ドロゥ&オープンが可能。
同じくカリ・シラットの技術から産まれた、GUNTING(グンティ)と違い、閉じた状態での使用はできない。

ユーティリティ性は考慮されていないが、薄めのブレードと鋭いポイントは案外使いやすい。
サラミをスライスしたり、薬味のネギを刻む、果物の皮を向く、縫い目を解くなど、背の武部にあるグルーブ指を引っ掛けると細かい作業でもコントロールしやすい。

因みに、PAKALとはインドネシア語で(獣の)爪のことである。
[PR]
by rwalker | 2007-12-31 18:40 | ナイフ

ハイカロールな一日

先日新しくスノーシュー”ズ”を手に入れた某氏と、試乗のため山に散歩に行ってきた。

しかし、あいにく今日は気温が高く、週間予報でも今日だけ突出して高いうえに昨夜から今朝までは強い雨。
案の定、当初予定していたところは殆ど雪が見えず、少しはなれた所まで足を延ばした。
かといってさほど高度が変わらないので、大量の積雪があるわけでもなく、深いところでせいぜい脹脛の、まるで春先のような腐れ雪の中を歩いた。

適当に歩き、コース途中の滝の脇で昼食。
今日は、普段は一人鍋専用機となっていたストームクッカーを持ち出した。
コタツの脇で鍋をつつくには丁度よいが、えらく嵩張るのでこんな時くらいか出番が無い。
f0098756_2353322.jpg

先週獲ったコガモと、昨日掘ったネギとセリ、米は今年とれたササニシキで、数日前に精米した。

まず、湯を800ccほど沸かし、コガモのガラと脂皮、酒と醤油一匙を放り込み出汁をとる。
10分ほどにて脂が浮いてきたら、シェラカップ一杯分の出し汁を取り分け別の鍋に入れておく。
残った汁に、胸肉と饂飩玉、ネギを入れて煮込む。
適当なところでセリを加え、直橋箸でいただく。
コガモなので脂は少ないが味は濃厚で美味い。
f0098756_23293522.jpg

二人で二玉の饂飩を食べ終え、次に取り掛かる。
先ほど取り分けておいた汁に、洗った米と残しておいた肉を入れて炊き上げた。
鴨飯である。
本当なら、肉は別に焼いておき、炊き上げた飯にのせるのだが、今回は面倒なので一緒に炊いた。
温泉卵をのせ箸で突き崩し醤油を垂らし、刻んだセリをパラリとかけて食べる。
f0098756_23295560.jpg


これもまた美味い。
酒が無いのが残念である。

尤も、飲み出すと止まらなくなり、面倒になってその場でビバーク、にもなりかねないので、今日は自制した(前に何度かある)

調理器具を雪でこすり、パッキングして出発。
谷筋に入ったので、これまでよりは雪が多い。

適当に歩いて車道へ出、車に戻った。

本日の歩行距離は5kmちょっと。
行程中、三分の一近い時間は食事にかけていた。

雪が少なく、スノーシューズを履ける場所が少なかったのが残念である。


某氏を駅に送ってから、弟と一緒に焼肉バイキングの店へ。
ほぼ一時間肉を焼き、食べ続けた。
充分食べたので、しばらくは肉は見なくとも良い。

山に行ったのに、消費したカロリーよりも摂取したカロリーが多い一日だった。
[PR]
by rwalker | 2007-12-29 23:30 | 山行

選考漏れ

先日の「ベスト3」、今日になってから洩れに気づいた。
一応今年手に入れたもの。

f0098756_2323944.jpg

パタゴニアのマイクロパフプルオーバー2006年モデル。
最近、不安なほど薄くなり、冗談じゃないかと思うほど軽くなっていたので、欲しいとは思っていたが中々買えずにいた。
今シーズンのモデルは、やはり生地の強度への心配があったのか、肩のあたりの生地を厚くし少し重くなっていた。
どうせ行動中に着るとしたら、悪天だろうからシェルの下だし、殆ど寝巻きとしてしか使用しないので、前のモデルの方が良かった。
丁度、寒くなる前にオークションに先シーズンモデルが出ていたので即購入。

最初のパフボールを持っているが、ロフトが全然違う。
10年以上たっているので当たり前だが、ここまで来ると薄手ならダウンよりも水に強い分、化繊フィルのほうが有利である。
これでフードがあれば、寝袋がいらなくなるのだが、マイクロパフのシリーズでフード付だと、アウターとしての使用を考えているのか重い。
このクラスでフード付だと、BMWのCocoon UL 60 Hoodyくらいだが、値段がこなれないのでちょっと高い。
まぁ、マイクロパフの定価よりは安いが・・
f0098756_23345454.jpg

付属のスタッフバッグに収めたところ、コンパクトなシュラフぐらいのサイズはあるが、圧縮するとこの半分くらいになる。
袋に入れず、バックパックの隙間に押し込んでいけばパッキングも楽だが、生地が薄いのでちょっと不安である。
寝袋に入れて一緒に丸める、これでもコンパクトにはなるが、行動中に出せなくなる(出すことも無いけど)。


f0098756_23543953.jpg

DARN TOUGHのスキー用フルクッションソックス。
今まで、作業用の裏シルクから、ブリッジデール、パタゴニア(靴下は良くない)、スカルパにスマートウールと色々履いてきたが、これが最高、ベストである。
雪が降り始めてからなので、ある程度寒い時限定だが、今までに無い履き心地だ。
スマートウールに近い感じだが、もう少し生地が硬め、しっかりした感触がする。
かといってクッション性に劣るわけでも、ゴワゴワするわけでもない。
硬さは好みの問題かもしれない。
f0098756_152652.jpg

左は裏返したもの。
フラットシームで縫い目があたることも無い。

一日中雨の中を歩き回り、ゴアを使用した靴を履いていても内部が湿る状況でも、さほど濡れた感触は無く快適だった。
ただストレッチ性は少ないので、サイズの選択は重要である。
パッケージの裏には、アンビルの上に乗せた靴下をヤットコで掴み、ハンマーを振り上げたおっさんの絵がある。
「鍛えた」ほどタフだということだろうが、充分に納得出来る物であることは確かだ。
残念なのは、取り扱ってる店が少ないので、買い物のついでに注文、がなかなか出来ないことだけである。


f0098756_0233522.jpg

SILVAのコンパス、No54.
エクスペディション4の豪華版で、プリズムが仕込んであり、サイドから除くと目盛りが読めるサイティングコンパスである。
読み取りの精度はとても高く、ある程度の誤差があるであろう磁気コンパスには不必要なほどである。
それでも充分な精度で、ランドマークが見える状況なら、これとグリッドか磁北線を引いた地図、プロトラクターがあれば、一昔前のGPS並みのナビが可能である。

タバコの箱が乗っているのは、わざとである。
ベゼルの数字から察してください。



道具じゃないけど・・
f0098756_0225294.jpg

「COMBAT AND SURVIVAL]全28巻。
日本語に訳されているミリタリーサバイバルの中では、まだ良いほうの「サバイバルスキルズ」の元ネタの初期を纏めた、ハードカバーのシリーズ。
普通のアウトドア活動に使える情報はさほど無く、情報も古い(80年代後半)のではあるが、資料としては優秀である。
一部、執筆者の主観が入った評価もあるので、その辺は注意が必要だが、面白い本である。
f0098756_0404520.jpg

イラストも味わい深い。
上は、べトコンのトンネルの模式図だが、子供の頃読んだ図鑑に載っていた蟻の巣のイラストを思わせる。

10何年か前、BQかUSCAVの荷物と一緒に広告が入っていたと思う。
当時は全然買う気はなかったが、オークションで安く出ていたので落札。
10分の1以下の値段だったが、送料が本体価格の10倍くらいかかってしまった。


買ったけど、まだ使っていないもの。
f0098756_0432967.jpg

GUYOT DESIGNの食器、MicroBites。
前からあった、The Utensilsの小型版である。
先割れスプーンと、スパチュラ兼ナイフのセットで、結構良い出来だ。
普通に考えると、バックパッキングでナイフとフォークなんて使う料理はあまりしないので、スポークだけで充分に思える。
しかし、このナイフはスパチュラにもなる。
パンケーキを焼いたり、粉末卵のオムレツには良いだろう。
そして、この形状はスクレーパーになるようにも作られている。
用途は、お菓子作りによく使うゴムへらと同様、容器にこびりつく粘度の高い食物をこそげとるため。
私をはじめ日本人は、ラーメンやアルファ米など食器があまり汚れないものを良く食べるが、欧米だとチリやマカロニチーズ、粉ものなど、べたべたしたものを食べることも多い。
ペーパーでふき取ると無駄が多いしゴミが増える、湯を注いでも接地面の少ないスプーンではこそげるのが面倒、から来たデザインだろう。
茶碗に湯を注いだ後の沢庵、のようななものである。

まだ使ってはいないが、便利だとは思う。
その内面倒になって、スポークだけ持つようになるかも知れないが・・

次の山行では、本のほかは全て持っていく予定。
[PR]
by rwalker | 2007-12-20 01:02

「私のお気に入り山道具ベスト3」にエントリーしました

ulgoodsさんのブログで、「私のお気に入り山道具ベスト3」募集とあったので、持ち物から3つピックアップしてみた。

f0098756_1325991.jpg

f0098756_1331537.jpg

OSPREYのZERO G。
十数年前、まだアメリカ製だったころのもので、容量は70L。
2.1kgと、当時では軽量なパックである。
他のモデルよりも薄い生地を使い、OSPREYのトレードマークとも言えるデイジーチェインを付けず、シンプルな一気室、内臓フレームも樹脂製の軽いもの。
比較的厚みの少ない、薄めのデザインのため70Lの容量は無いと思うのだが、トップロードなので上から押し込めば結構な量が入る。
3kgの山テンと化繊シュラフの重く嵩張る組み合わせでも、初冬に一週間は行動できたので、現在の軽量・コンパクトな装備なら余裕だろうと思う。

購入した時は、軽量モデルということで強度に不安があったが、その後の蛮用にもビクともせず、担いだ日数は延べで300日を超えるがまだまだ現役である。


f0098756_1474220.jpg
f0098756_1482359.jpg

f0098756_1483574.jpg

SIGGのINOXALクッカー、16cmと18cm。
0.2mmのステンレス(INOX)と、0.8mmのアルミ(AL)の二層構造の鍋である。
軽く熱伝導の良いアルミと、腐食しにくくタフなステンレスの長所を併せ持つ。
特に長期間にわたり米飯を毎日炊くような旅には最高である。
熱が均一に廻るので、美味しく炊け、焦げ付きにくい。
もし焦げ付いたとしても、金属タワシでごしごし擦ればOK。
底の角の部分は、Rが大きいので熱の周りが良く、焦げ付きにくく洗いやすい。
熱効率が良いので、雪を溶かすにも良いし、18cmの鍋は2Lの容量があるので一日分の飲料水を雪から得る、あるいは煮沸するのに丁度良い。
広く浅い形は炒め物にも良い、パンケーキやバノックを焼いたこともある。
蓋はひっくり返して、凸部が鍋の内側に入るようにすると、結露した水気が鍋の内側に落ちるので、弱火で長時間煮込むのに良い。
場合によっては、蓋に水を入れたり重しを載せて、簡易的に圧をかけたり、炭火を乗せて天火にしたりと応用が利く

チタンやステンの鍋は重いし焦げ付きやすい、コーティングされたアルミの鍋は軽く焦げ付かないが、一月も使うと傷が入り、そこからコーティングがはがれる。
このINOXALクッカーは、値段が高いこと以外は欠点が無いが、残念ながら廃版である。
14cmも買って置けばよかった・・
現在では、トランギアが同様の鍋を出しているが、SIGGほどの完成度ではない。

f0098756_1583946.jpg

f0098756_1585746.jpg

f0098756_1591320.jpg

カナダ軍のブーニーハット。
形は北米でハンターがよく被っている「JONES HAT」と同じ。
素材はコットンとナイロンの混紡で、厚手のために頑丈。
防水では無いが、濡れるとコットンが膨らみ水を通しにくくなる。
まぁ、寒い時期は濡れると乾かず冷たいまま、端から凍ったりするのだが。

ブリム前部にはキャップ様の芯が入っていて、濡れてもよれたり垂れ下げって視界を妨げることも無い。
ブリム後部は上に折り返されているので、キャップの軽快性があり、ジャケットやパーカのフードを被っても邪魔にならず、折り返しを延ばせば後頭部の保護にもなる。
内側に収納された耳あてを出せば、防寒にもなるし、強風でも飛ばされにくい。
クラウンの脇にあるアイレットは適度な寒気をもたらし、コードを通してあご紐にもできる。

ハイキング用のハットとしては、コリン・フレッチャーが米軍のブーニーハットを紹介していたが、それよりも良いと思う。
しかし、カナダ軍も数年前に装備を一新したので、今後手に入りにくくなるかも知れない。


と、これらを出そうと思っていたら、「今年手に入れた物(自作含む)を優先」とのことなので、今回は別のを送りました。
[PR]
by rwalker | 2007-12-17 02:09