Hunter's fire

f0098756_18444431.jpg

2本の丸太を並べての焚火。
丸太が燃料と炉を兼ね、簡単で効率が良い。

今回は直径10cm以下の細いのを使った。
f0098756_18481226.jpg

薪を切断したら間で燃やす分を作る。
f0098756_1849231.jpg

乾いているので簡単に燃えた。
f0098756_18493261.jpg

f0098756_18494348.jpg

f0098756_18522587.jpg


これは細めなのでそのまま薬缶が乗ったが、太い丸太の場合は金網やグリル等があると良い。
f0098756_18521264.jpg


湯を沸かす程度なら、生木の枝を使って五徳にすることも可。
f0098756_18531768.jpg



今回は丸太が細すぎて間の空間が狭く、通気が悪かったせいか煙が多かった。
直径15cm以上あったほうが良いと思う。
太めのを1mくらいに切断して使うと細長い焚火となる。
2本を寄せて上にもう1本乗せると安定して長時間燃える。
昔カナダを旅していたとき、立ち枯れのツガを切り倒して燃やし、氷点下の夜を寝袋無しで幾晩か過ごした。
直径30cmくらいだと、上に乗せたのが燃え尽きるまで3時間前後。
時々足してやる必要はあったが、火の脇で暖かく寝ることができた。
[PR]
# by rwalker | 2011-11-13 18:59 | 火器

Pocket Cooker

f0098756_178383.jpg

折り畳みできる小型の薪ストーブで、けっこう前からある。20年以上前のCabela'sのカタログにも載ってた。
f0098756_17102430.jpg

畳むと文庫本より少し大きめくらいだが、広げると20×10×15cmくらいになる。
重量は550gほど。付属の袋の裏にはベルトループがある。
f0098756_17141382.jpg

底板は空気が入るように穴が開いているので、下にオキや灰が落ちる。
場合によっては何か敷いたほうが良い。
焚口の蓋には取っ手があり、これをつっかえ棒にして開いたままにしておける。

f0098756_17181318.jpg

小さいので少々面倒ではあるが、炊き付けと細い枝など入れて点火。
あまり詰め込むと酸欠で燃えが悪くなる。

f0098756_17215033.jpg

太目の枝を加えて炎が安定してきたら鍋などを乗せる。
この手のものとしては比較的に奥行きがあり使いやすいのだが、オキや燃えさしが吸気穴を塞ぐことがあるので、燃えが悪くなったら鍋をどけて様子を見る。

裸火よりも安全性はあり、燃料の節約にはなるのだが、使いこなすには慣れが必要。
ドリルで空気穴を増やせば、もう少し燃えやすくなるかもしれない。

f0098756_1726770.jpg

[PR]
# by rwalker | 2011-11-10 17:29 | 火器

自在鉤

f0098756_17572449.jpg

新しい斧とナイフ使いがてら自在鉤作ってみた。

適当な太さで40cmほどの木の枝に十字の刻みを入れ、三方を削り取る。
f0098756_1759209.jpg

ナイフを当てて背を棒で引っ叩いて食い込ませるか鋸を使う。
f0098756_1893319.jpg

鉤となるので、鍋のツルが引っかかるように形を整える。

横棒に引っ掛ける部分は、一文字の切り込みを入れて下方になる側をを削り取る。
f0098756_181469.jpg

これも鉤と同様にナイフか鋸で切り込みを入れる。

横棒は先端を楔状に削るだけ。
f0098756_1832337.jpg

斜めになるので充分に引っかかる。
f0098756_1843153.jpg


横棒はY字の枝や石か丸太で支え、端は地面に打ち込んだ枝の股で押さえるか、石などを乗せる。
f0098756_1872713.jpg

鍋が重い場合は動かないか確認すること。

刻みの位置を変えれば高さを調整できる。
f0098756_1885675.jpg


コンビーフと玄米のスープ作った。
f0098756_18102498.jpg

コンビーフと玉葱を炒め、水を入れて煮立て、じゃが芋、人参、玄米を放り込んだ。
味付けはブイヨンキューブと塩胡椒。
[PR]
# by rwalker | 2011-11-08 18:12 |

Gransfors Outdoor Axe

f0098756_165688.jpg

スウェーデン軍のサバイバルインストラクターを務めたLars Fält氏デザインの手斧。
小ぶりで軽量なビットの割りに長めの柄を備えている。
f0098756_1711313.jpg

全長は37cmで重量は500gほど。
刃渡りは6.5cm。
外見の特徴は柄の付け根部分のスリーブで、傷み易い部分の保護になっている。
f0098756_176058.jpg

全長28.5cmのVaughan SUPERSPORTSMAN'S SUB-ZERO AXE とも比較してみた。
全長で約10cm、重量で150gほどの差がある。

アウトドアアックスはスリーブの存在で、横から見ると薪割り用のスプリットアックスに似ているが、性格的にはハドソンベイアックスに近いと思う。
f0098756_17132749.jpg

ハドソンベイアックスも軽量なビットを使用し、長めの柄でそれを補っている。
普通の両手斧よりも携行しやすく、カナダの開拓時代に奥地へと入る猟師に好まれた。

f0098756_1718815.jpg

西洋の斧は柄の付け根がかなり薄くなっているものが多いのだが、アウトドアアックスは比較的厚みがある。
f0098756_1723713.jpg

f0098756_17182636.jpg

ビットは他の手斧に比べると若干厚みがあり、割る作業にも良さそうだ。
かと言って厚過ぎる事も無く、切断にも充分使える。

f0098756_17244719.jpg

通信販売で斧を買う場合、一番心配なのは柄の木目だが、これならまずまず。

実際に使用した感じでは、伐る、割る共に良好で使いやすかった。
柄の長さも丁度良い。
しかし、このような手斧全般に言えるのだが、立った状態で振り下ろすと刃が膝か脛の位置にくるので、振り下ろせば地面に食い込む長い両手斧より自傷する危険が高い。
作業によっては両膝を付いて行うのが良いと思う。
[PR]
# by rwalker | 2011-11-08 17:29 | ナイフ

Stick fire

ディスカバリーチャンネルのサバイバルゲーム見てたら、生木を五徳にしてたので真似してみた。

f0098756_16585774.jpg

適当な太さで真っ直ぐな若木で30cmくらいの杭を4本作り、四角形になるように地面に打ち込んで、間に焚き付けや小枝などを詰め込む。

f0098756_1648303.jpg

火は上に登るので、火の回りが良い。

f0098756_16505764.jpg

f0098756_1652493.jpg

薬缶乗せて時々薪を押し込む。

f0098756_16524914.jpg

杭は生木なのでお湯を沸かすくらいの時間では燃えない。

風が強かったり、長時間煮込むような場合には不向きだが、ちょっと湯を沸かす程度なら充分。
自在鉤作って吊るすよりも手軽にできる。

自在鉤
f0098756_1657385.jpg

[PR]
# by rwalker | 2011-11-07 16:57 | 火器